産後のお腹のたるみを引き締める4つのポイントをご紹介♪

赤ちゃんを出産後、お腹のたるみはママにとって
何とかしたい悩みの一つです。

 

しかし諦めないで下さい!

 

産後のお腹のたるみは、4つのポイントで引き締めることができます。

 

皮膚の保湿

出産するとホルモンの影響で肌が乾燥しやすくなり、
産後にたるんだ皮膚の再生能力も弱くなります。

 

妊娠線クリームなどには皮膚の引き締め効果があるので、
皮膚の伸びがきになる部分を保湿すると効果的です。

 

マッサージ

マッサージをすると血行が良くなり、新陳代謝が活発になって
肌の再生能力をアップさせます。

 

クリームやオイルを使って優しくマッサージすると
効果的ですが、毎日継続して行うことが重要です。

 

筋肉トレーニング

体調が戻ったら、簡単な筋トレを始めましょう。

 

たるんだお腹まわりの皮膚を引き締めるには、
土台となる筋肉が必要なため、軽い腹筋運動をおススメします。

 

ビタミンB群を摂取

ビタミンB群には保湿以外にも伸びた皮膚を引き締める効果があるため、
摂取するとより効果的です。

 

 

いかがですか?

 

日常生活に少しだけ運動やマッサージを取り入れたり
食生活に気をつけるだけで、産後のお腹のたるみ改善に繋がるのです。

 

効果を実感するためには毎日継続することが重要なので、
無理なく続けられる方法を探してみて下さい。

 

産後の引き締めはいつから始めるべき?最も効果的な時期とは?

出産した後に自分の体を見ると、
やっぱり愕然としてしまいます。

 

今までにない皮膚のたるみにショックを受けた
という方も多いのではないでしょうか。

 

そのたるみを改善するには正しく
産後の引き締めをすることが大切です。

 

ですが、いつから始めれば良いのでしょうか?

 

 

産後の引き締めをいつから始めるのかというと、
大体出産してから1ヵ月から半年後くらいの間に
始めるのが一番効果的です。

 

あまりに早く始めてしまうと体に負担がありますし、
半年を過ぎてしまうとなかなか効果が出なくなります。

 

逆に言えばこの半年間くらいが産後の引き締めには
勝負といえる期間なんですよね。

 

インターネットを調べると様々な方法がありますが、
自分に合った方法を毎日継続させるということが
大切になってきます。

 

 

産後の引き締めはいつから始めれば良いのか、
と疑問に思っている方は大体自分の体力が戻る
1ヵ月後からくらいから始めるべきです。

 

運動やストレッチ、ベルト、クリームなど
様々な方法がありますので、
無理なく続けられる方法を見つけてくださいね。

履くだけで効果あり!産後の引き締めにガードルは使うべき?

出産をして一気に体型が崩れてしまった、
というのはよく聞く話です。

 

自分はそうならない!と思っていたのにやっぱり・・・
という経験をしている方もいるのでは?

 

産後の引き締めの方法は様々ですが、
ガードルなどの下着をうまく使うこともかなり効果的だといわれています。

 

 

産後は体重は減ってもたるみが残ったまま、
という状態になりやすいものです。

 

そのたるみを改善してくれるのがガードルです。

 

一番のメリットは履いているだけで
引き締めの効果が現れるということです。

 

ほとんどの商品がおなかやお尻を引き締めるので、
ストレッチやマッサージと併用することで
より一層効果を高めることができます。

 

産後すぐは赤ちゃんのことで手一杯になるので、
履くだけで効果が期待できるガードルは重宝するものになるでしょう。

 

 

ですが、もちろんガードルを履いていれば安心!
というわけではありません。

 

ノコアなどのクリームを使ったマッサージは
引き締めにもかなり効果を発揮します。

 

エクササイズやマッサージを取り入れて、
補助として下着を用いるのがオススメの使い方です。

 

 

→産後の引き締めが楽になる!?ノコアってどんなクリーム?